家

スズメバチ駆除を自分で行おうと考える方に必要な物

鳩

確実に撃退するには

糞害や騒音など深刻な被害を及ぼす鳩ですが、高所などにも巣を作りますので、撃退はなかなか難しいのが現状です。鳩駆除の専門業者なら最適の手段を講じてくれる上、再発しないようにも努めてくれます。相談は随時受付けているので、まずは相談してみましょう。

作業員

刺されると危険な虫対策

蜂を自分で駆除する場合は服装の色に気を付ける、帽子を被るなどの工夫が必要です。手作りのトラップなどもネットや本で紹介されています。しかし、蜂の種類や個体数が多い場合は大変危険ですからプロの業者に任せるようにしましょう。

アライグマ

寄せ付けないことが重要

アライグマを駆除するためには、彼らの天敵となる動物の臭いや鳴き声が有効です。捕獲する場合は、専用の捕獲器を用います。捕獲器は、一般家庭でも各自治体から借りることが可能です。駆除には、彼らの居住環境にエサを置かないことです。

鋭い針に気を付ける

ハチの巣

凶暴性の高い昆虫と言われているのがスズメバチです。人を目掛け襲ってくることもあるとされています。そんなことから自宅でスズメバチの巣を発見したら要注意、自ずと刺される危険性が増してくるのです。近寄らない刺激しないことが一番の安全な方法ですが、生活スペースにスズメバチの巣あるとそういう訳にもいきません。すぐさま退治するのが日々の安心にもつながります。効果的とされるのが殺虫剤の散布、ホームセンターなどで販売されているものでオーケーで即効性が高く確実な退治が可能です。しかし凶暴なので完全防備は必須、雨合羽が有効でフルフェイスなどのヘルメットやゴム手袋を装備するといいでしょう。あとは合羽の裾などはテープなどでしっかり巻いておくのもポイントです。

スズメバチ駆除を個人で行う場合には時期を見極めることが重要です。活発に活動する夏場から秋口に掛けては危険度マックスなので素人では困難になります。したがって大人しくなり始める11月くらいから退治に取り組むのがおすすめ、そして退治するときの服装の色にも注意が必要、黒や黄などは興奮させてしまうため白を選ぶのがベストです。もしスズメバチ駆除ができる業者へと依頼するのなら基本的な相場を把握することが大切、種類によって料金に違いがみられミツバチやアシナガバチだと10000円前後、スズメバチになると15000円くらいからとされています。もちろん単純な蜂の巣退治にかかる料金で、その他の作業が必要になるとプラス料金が発生することになるようです。