ウーマン

スズメバチ駆除を自分で行おうと考える方に必要な物

刺されると危険な虫対策

作業員

刺される危険を回避する

近年の登山ブームや山菜採りなどのために山に立ち入る人が多くなり蜂に刺される被害に遭う人が増加しています。また、市街地の住宅地では蜂が建物に巣を作り、日常生活に支障をきたすケースも出ています。蜂は毒針を持っていることから対応を誤ると刺されて痛みや腫れなどの症状が出てしまいます。特に自宅の軒下や床下、庭の植木に蜂が頻繁に飛び交っている場合は巣が出来ている可能性があります。発見した場合は、自分で駆除しようとせずに業者に任せた方が安全です。業者によっては巣を取り去ったあとに戻ってくる蜂を駆除するための罠を仕掛けて二度と巣を作らないようにするサービスをしてくれるところもあります。駆除料金は、攻撃的なスズメバチの場合は4万円程度からで、比較的おとなしいアシナガバチよりも高めに設定していることが多くなっています。特にスズメバチは個人での駆除は大変危険ですからプロに徹底的に駆除を依頼することをお勧めします。

活動時期と自分で行う対策

蜂は3〜4月の春先から9月頃までが一番活動が活発になります。予防対策としては春になって暖かくなったら自宅周辺を点検してみることです。また、自宅周辺で蜂の姿を頻繁に見かけるようになったら軒下や庭に巣がないか確認してみましょう。その際は、黒い服装は避けて帽子を被るようにして下さい。また、整髪料などの臭いは興奮させるもとになりますのでつけないようにしましょう。目の前にいる蜂には噴射式の殺虫剤で駆除します。蜂用の殺虫剤を選ぶとさらに効果的です。個人で出来る駆除の方法として、甘い匂いがする飲み物をペットボトルに入れて誘い込むトラップがあります。作り方はネットや本などで紹介されていますので試してみても良いでしょう。しかし、蜂の個体数が多い場合は危険ですから無理せず、業者に依頼した方が吉となります。